La 500 : piccola grandiosa

こんばんは。

年の瀬も押し迫ってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

鍼灸はブログばかりでしたが、たまにはプライベートなブログでも。。。

 

先日、銀座へFiat 500生誕60周年記念 加納満写真展『La 500 : piccola grandiosa』を観にいってきました。

 

 

 

 

 

 

ルパン三世でおなじみのFiat 500です。

そんなFiat500が生誕60周年だったみたいで、勝手にお祝いしてしまう企画だったみたいです。笑

Fiat500はイタリアの国民的自動車。

イタリア人のアシとして生活をベースから支えて長年愛されてきた車。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵作品にもなりました。

かなり古い車ですが、イタリアの南部ではまだまだ現役で走っているらしいです。

 

このFiat500縁あって一度運転させてもらったことがあるのですが、「遅い、うるさい、狭い」が正直な感想です。笑

ですが、乗ってるとデメリットも可愛く感じてくる車。

乗り始めは補助輪無しの自転車を練習している感覚でしょうか。

最近の車に慣れている方は、不安と苛立ちを覚えると思われます。笑

 

Fiat500上手く走らせるには少々練習が必要です。

練習してコツを掴んで気持ちよく走らせられるようになれば、デメリットもメリットに感じられるはずです。

そんな車だからこそ人々に愛されて、60年経った現在でも現役で走っているのではないかと思います。

 

そもそもなぜこのような写真展に足を運んだかと言いますと、以前Fiat500のチューニングカーのアバルト500という車に乗っていて、懐かしさのあまり衝動的に観に行ってしまったのです。

 

 

 

 

 

ベースは同じFiat500ですが、サソリのマークが付くと全くの別物になるのです!!

例えるなら、ママチャリから原付へ乗り換えた時のような感動を覚えます。

 

このアバルト500で仕事も遊びもこなし、私のアシとなり生活を支えてくれました。

きっと当時のイタリア人もこんな気持ちだったのではないか?と思いながら運転していました。

 

『La 500 : piccola grandiosa』は『小さくて、偉大な500』という意味です。

小さくても長い間イタリアの人々の生活を支え、世界中の人々の生活も支え、世界中にファンを作った車。

偉大ですね!

 

 

関連記事

  1. すがぬま鍼灸院ができるまで。①

  2. 変形性膝関節症の間違い。

  3. 頸が回らないそんな時

  4. チラシ完成

  5. 鍼灸治療について③

  6. 2018年新年あけましておめでとうございます。